つぶやき・ささやき(2024年4月から)

■来世のために現世を生き抜く(2024年4月16日、6月2日改変)

還暦を迎えた一昨年あたりから、徐々に、来世、についても考えるようになった。

瀬戸内寂聴が話したこと

https://news.1242.com/article/134025

は印象的である。「来世のために現世の修行があると考えれば、苦しいことも受け入れられる」というような内容だと私は解釈した。

私は

「来世で会いたい人がいれば、来世で再会するときのために、現世で自分を磨いておこうとできるのではないか」と考えている。

どんな人と来世で再会したいのか。自分の身の回りで「亡くなられた際などに、涙が止まらなかった人」というのが、私の中の定義の一つである。

来世、はないとしても、現世で自分を磨く姿勢を示せば、その姿勢を見た次代の若者達の心のなかに勇気とエネルギーが宿ると期待している。更にいえば、相談、激励、アドバイス等によって次代を育てる努力をすることが「次代に希望を託すという形での来世」を生むのではないか、とも考えている。

■木の葉(2024年4月17日)

昨夏、自然の豊かな場所にドライブして、駐車場に車を止めた。その駐車場の端には、たまたま、たくさん葉をつけた大きな木があり、私の車に木陰をつくってくれていた。CO2排出量を抑えるためにエンジンを止めて、窓を開けた。すると、ふと、何かが私の目の前をよぎった。助手席に目をやると、小さなかわいい形の木の葉がひとつ、舞い降りていた。

私の車の窓ガラスが重力方向に対して傾いているために、無風の時でも、大樹から舞い降りた葉が車室内に入りやすいのだ。

この木の葉の緑色が鮮やかだったので持ち帰ったが、ひと月ほどたってみると、かなり、色がかわっていた。この緑色がなくなる前に、あの駐車場の大樹のもとに戻してあげたくなった。

木の葉は、毎年、生まれ変わる。

木の葉には、一年ごとに、来世が来る。落ちた葉の成分が、その木の根に吸われ、水とともに枝まで運ばれていくからだ。

人間にも来世はあるはずだ。

人間も木の葉も、5種類の塩基と20種類ほどのアミノ酸と水、からできているのだから。

■4つの来世(2024年5月15日初稿、26日改変)

前月半ばに、来世についての私の考えを記した。少し視点を変えて整理してみると、来世のための準備の形は3つある。

(1)一緒に生活している家族や仕事の仲間との関係:瀬戸内寂聴が言ったように、来世のための修行という側面があるかもしれない。

(2)次代の若者達との関係:相談、激励、アドバイス等によって次代を育てる努力をすることが、「次代に希望を託すという形の来世」を生む。これは自分自信の生きがいにもなりえる。どのような仕事をしていても、どのような社会に所属していてもできることだろう。

(3)来世で再会したい人がいる場合:来世での再会の準備として、自分を磨き・鍛えることで、現世を充実して生き抜くことができる。若者達も、その姿勢を見て、勇気とエネルギーを得るだろう。

少し前に、ある人が見せてくれた写真で、「4つ目の来世」について教えてもらった。

・孫との関係

である。孫とは、ときどき会うだけで、幸せな気持ちになれるであろう。自分の生まれ変わり、と感じることもありえるから、来世そのもののように思えるかもしれない。

ただ、健康な状態にいる人間は、「日々、様々な人達と時間を共有しなから、常に苦しい思いの中で、本能的に、前のめりで体当たりして生き抜いていかざるを得ない」と私は考えている。やはり、最初の3つが大切、だろう。

■「還暦後の新たな人生」という「5つ目の来世」(2024年5月23日)

還暦、は文字通り、二度目の人生の出発点である。60年間を過ぎた後にときどき会う孫ではなく、60歳を過ぎた「自ら」は「5つ目の来世」といえるだろう。

職場、研究室、宗教、等の枠の縛りから解き放たれて、新たで自由な世界に放り出されることが増えるのかもしれない。還暦を過ぎると、子供は一人だち状態に近づくし、孫だって自分の意志で動き出す。それも、新たな世界に踏みこむことを助長するかもしれない。

私は一昨年、還暦の節目を迎えた。還暦前までと比べ、いろいろな面で変わりつつある、と感じはじめている。グランドピアノがある部屋に行くようになったのもそのひとつである。毎日10分程度でしかないが、毎朝、そこで一日を生き生きと過ごすためのエネルギーをいただいている。

新たな趣味、ボランティア活動、学生時代の知人との再会などで、新たな世界に入ることも良いのだろう。

ただ、還暦以前の人達との繋がりが薄まるわけではなく、維持・発展させた状態に、「新たな2つ目の人生という来世」が添えられるといった形が多いのかもしれない

■グランドピアノの天板を開いて(2024年5月24日初稿、6月3日改変)

数日前から、グランドピアノの天板を開いて弾いている。鍵盤の打ち間違えはほぼなくなったので、今度は、音色をしっかり聞きたくなった。天板を開けて弾いた際に放たれる音は素晴らしい。

自分の思いを込めて弾くようにもなった。

還暦を迎えたら、みずから、自分の人生の天板を開くチャンスである。心の扉を開けば、苦しいこともつらいことも、遥か彼方に消しさる瞬間を手にし、「5つめの来世」を豊かにできる。

大隈重信は人生125歳説を提示していたようだし、健康寿命が100歳になる可能性が出てきているようなので、そうなると、還暦後の5つ目の来世は40年間以上になる。。。心の扉を開いてストレスフリーに近づくと、元気な長寿を得られるのかもしれない。

子や孫も、「還暦を超えた祖父母が、5つ目の来世を謳歌し、元気で長生きする姿をみていたい」ことは言うまでもないだろう。

■二曲目のピアノ演奏(2024年5月30日)

二曲目の楽譜を手にした。左手のパートはピアノで弾いて、右手のパートは、歌ってみようと考えている。ピアノの弾き語り、である。最も、初級者向けの楽譜ではあるが。

■天空と地平線を駆け抜けて(2024年6月1日)

30年程前、オランダの教会で聴いたパイプオルガンの旋律は、天空を突き抜けていくかのごとくであり、私もそれに引きつられて宇宙に行ってしまいそうな気持になった。

今、自分で弾くグランドピアノから放たれる旋律は、地平線を駆け抜け、数百キロメートルかなたまで届くと感じている。

二曲目の右手のパートは、自分で歌ってみているが、ピアノの音量にはかなわない。肺も鍛える必要がありそうだ。。

続く